MISSION STATEMENT

  • Yusuke Amano
  • Tatsuo Tsutsumi

INTRODUCTION

グリーベンチャーズは、日本のモバイルインターネットサービスのイノベーションを牽引してきた
グリーの新規事業としてスタートしたベンチャーキャピタルです。
事業エリアは、国内に限らず東南アジアやインドなど、新興市場への投資も行い、
日本だけでなく世界が抱える課題解決をめざす起業家を支援しています。
そしてグリーベンチャーズは、単なる株主ではなく起業家とともに経営に参画して事業を育てる
投資家であること、つまりハンズオン型の投資家であることを何よりも大切にしています。
代表取締役兼パートナーである天野雄介、そしてパートナーの堤達生が、
グリーベンチャーズの今とこれからを語ります。

天野
僕たちは、投資家は起業家と「同じ船に乗る」べきだと考えています。僕たちは大きなリスクをとって、世界が抱える課題を解決していくような起業家にこそ投資をしていきたい。すると、僕たち投資家自身にリスクのないコミットメントは成立しなくなるんです。起業家と同様にリスクをとって、ともに成長してゆけるようなVCを目指したい。そのために僕たちは、自分たちが運用するファンドに対して個人の財布からも出資するようにしています。全然お金持ちじゃないですが。

― グリーベンチャーズはいわゆる「セイムボート・マネー」として、ファンドマネジャーで
ある天野、堤自身も出資するファンドを運用しています。ファンドの出資者、そして起業家とともにリスクをとる「ハンズオン型」のVCであることを大切にしているからです。

僕も天野も、ほぼ全ての投資先にリード投資家として関わることにこだわりを持っています。リード投資家は、株主であると同時に役員として企業にコミットすることになるため、投資そのものだけではなく、企業の経営の一翼を担うまでが投資家の仕事だという気持ちです。
それにグリーベンチャーズには、「ポートフォリオを組んでるから、1社失敗しても全体で回収すればいい」という涼しい顔で言うようなメンバーはひとりもいません。ひとつひとつの会社と愚直に向き合うことを大切にする、そんなVCなんです。
天野
お金というリスク以外にも、時間や人的リソース、労力においてもリスクをとってリターンを最大化し、さらに成功の確度を上げていこうというのが、僕たちのやり方です。こうしたやり方には正直なところ、非効率な面もあります。僕たちには投資して支援できる会社の数も、時間とスタッフの数も限られているからです。でも、起業家と同じ船に乗って、ともに成長することが、VCとしての成功を実現する上で最も確実な方法だと僕たちは信じているんです。
僕たちは自分たちがVCのスタートアップだと思ってるんですよね。自分たちでVCの形をゼロからつくっていく。そんな気持ちでいます。だから僕たちのファンドには「ファンドにジョインしたい仲間」というよりも「一緒にファンドをつくっていきたい仲間」こそを求めています。 ファイナンスもビジネスデベロップメントも、様々な局面で僕たち投資家が起業家に対してサポートできることはたくさんある。僕たちは傍観する投資家ではなく、同じ船に乗る当事者として動けることを徹底できる組織でありたいと思っているのです。
CHAPTER 01

僕たちが投資を行う上で重要視しているのは、その企業は何の問題を解決しようとしているのか、そしてその企業が生み出そうとしているものを誰が必要としているのかです。 僕たちのポートフォリオを見てみると、メディア、アドテクノロジー、、EC、金融やクラウド等、幅広く投資をしています。しかし、これらはあくまで顕在化している課題とマーケットを見て投資した結果論なのです。 VCの投資戦略としては、特定の業界へ特化した投資を行うことも良い面はありますが、僕たちは業界という切り口ではなく「何の課題を解決するか」こそを大切にしています。

― グリーベンチャーズのミッションは、「世界が抱えているさまざまな課題を解決する企業を支援する」こと。それはまるで帆船を無事に目的地へと導く「航海士」のような役割です。船は情熱がなくては“新大陸”を目指して漕ぎ出すことはできませんが、無事に到着するには、豊富な知識と経験から、風と航路を味方につけることが必要です。スタートアップにおいて、船を前進させる風はマーケット、目的地へ導く航路は課題設定とその解決です。

天野
いろんな視点がある中で僕たちが敢えて課題解決とマーケットを重視するのは、個人・法人を含め、誰がそれを欲しているかをストーリーとして描けるかどうかがスタートアップやビジネスの価値だと信じているからです。そして投資家には、そうしたストーリーとマーケットを正しく評価できるかが問われます。
起業家に対して「現実解を出す」というのが僕たち投資家の仕事だと思います。起業家の方は当然、やりたいことがある。ときにそのパワーは、本人にもコントロールするのが難しい。僕たちがたくさんの起業家を見てきた視点というものも、そこでは役に立つ。「現実的にこれが最もマーケットから求められてる」という現実解を世界中の起業家との対話の中で見出していく、それが投資家の仕事なのだと思います。 やはりアイデアだけでは何の価値もありません。「やる」と決めたことを現実にやりきる「エグゼキューション」の力(実行力)を持った起業家だけが大きく成長します。
CHAPTER 02

― グリーベンチャーズは2016年5月12日、2号目の新ファンド「AT-II 投資事業有限責任組合」を組成し、日本はもちろんアジアへの投資を拡大していきます。グリーベンチャーズの航海はこれからどこへ向かうのでしょうか。

天野
僕たちが5年前にグリーベンチャーズを始めた時、最初は日本と東南アジアへの投資から始めました。当時の東南アジアにはまだまだ日本の投資家は数少なく、ベンチャー企業の数も多くはなかった。そうした中で、課題とマーケットを重視した投資活動を行い、現在では先駆者な立場を築けたと感じています。その知見を活かし、これからはまだ日本の投資家の数が少ない、東南アジアの更に新興国やインドへも展開してゆこうと考えています。
グリーベンチャーズに集まったメンバーは、とても多様なバックグラウンドを持っていて、VCとしてとても面白くなってきていると感じる。投資は個人プレーであり、チームプレーでもある。ひとりひとりが自分の魅力を最大限発揮しながら、いかに組織のVCとしての投資のスタイルを持つことができるかが、これからの課題ですね。この課題解決は、ある意味で僕と天野の役割でもある。
天野
 自分のスタイルを自分でつくっていくという点では、グリーベンチャーズはスタートアップと同じ戦い方をしている。時には「事業がやりたいのであれば、自分で起業すればいい」と言われることもあります。僕は常に起業に対しても興味はあるけれど、敢えて投資をしているのは、より多くの起業家たちを支援することで、より多くの事業を創造できるからです。僕たちにとっては、起業家の支援こそが最大の事業創造なんです。 とはいえ、主役はあくまでも起業家であって、僕たちは黒子に徹することが仕事だと思っています。支援させていただいた起業家の方々がどれだけ輝いて成功してくれるか、それこそを大切にしたいと心から思っています。
CHAPTER 03

MISSION STATEMENT

“投資家は、スタートアップの航海士”

  • TOP
  • INTRO
  • CHAPTER01
  • CHAPTER02
  • CHAPTER03
/mission_statement