新しい産業創出の一助となる

Tatsuo Tsutsumi

新しい産業創出の一助となる

PROFILE

2011年グリー株式会社に入社し、グリーベンチャーズ及びファンド設立及び運営を担当。 グリー入社前は、株式会社シーエー・キャピタル(現サイバーエージェントベンチャーズ、サイバーエージェントFXの前身)をゼロから設立、事業責任者として立ち上げ・運営を行い、黒字化まで実現。一方で、2つのベンチャーキャピタルファンドを立ち上げ、約50億円の資金を運用する等、現在の両社の基盤を作る。 また、リクルートの事業開発室にて、複数の新規事業開発に従事。産学連携で設立したソーシャルメディアマーケティング会社の設立・運営、EC、デジタルコンテンツ、アドテクノロジー領域の新規事業企画、また米国にて、RECRUIT STRATEGIC PARTNERSを設立し、米国企業とのアライアンスによる日本での事業開発を推進。並行して、投資子会社、リクルートインキュベーションパートナーズの代表取締役として20億円の資金を運用。

Tatsuo Tsutsumi

MESSAGE

VCの役割を証明したい

私は大学生のとき、とあるベンチャーキャピタリストと出会い、自分の将来をVCに決めました。大学院で金融工学を学んだ私が書いた論文は「VCのお墨付き効果」もともとアメリカで先行して研究されていたテーマで、その内容はVCが投資をすることで起業はお墨付きを与えられて中長期的に健全な成長をする、というものでした。私は日本の企業を対象とし、統計的に調べていきました。すると「VCはお墨付きを与えてはいない」、つまりVCは企業の成長には役に立っていないということが明らかになりました。それはまさに私にとっての不都合な真実でした。 それでも私にとってVCは魅力的な仕事であり続けました。そして私は、その論文の結果を反証することを人生のテーマにしたのです。今こうしてグリーベンチャーズでやっていることはすべて、VCは必ずスタートアップの育成や支援に役立つことを証明するためなのです。

VCを憧れの職業にしたい

VCは、まだ日本では多くの人に認知される職業にはなっていません。VCをもっと魅力的で、優秀な若者が目指してくれるような職業にすることも、私が実現したい夢です。 私たちはスタートアップを支援し、素晴らしい起業家が生まれることを支援していきたい。それと同時に、そんな起業家の姿を見て、私たちの仕事に憧れを持って、ともにVCの業界を盛り上げてくれるような人がもっと生まれていくといいなと思います。 21歳の頃の私のような若者が、大きな希望を持ってベンチャーキャピタリストを目指してくれるようなシーンを、グリーベンチャーズを通してつくっていきたいと思っています。

/our_team/tatsuo_tsutsumi